バルーンのあれこれ

バルーン競技について

バルーンの競技は通常、朝夕の風が穏やかな時間帯でおこなわれ、上昇気流が発生する昼間はフライトをおこないません。
バルーン競技のことをタスクといい、目的地までの速さを競うものではなく、パイロットがいかに上空の風(高度によっても風向が違います)や地形風を読んで目的地(ターゲット)に近づくことができるか競うものや、ターゲットの中心をめがけてマーカーを落とすタスクなど約15~20種類ほどあります。
写真は、ジャッジデクレアドゴール(JDG)タスクの様子です。
また、タスクはその日のフライト直前に天候や風の状況をみて決定されます。

ここでは、佐賀バルーンフェスタで行なわれている主なタスクを紹介します。

主なタスク(競技種目)

ジャッジデクレアドゴール(JDG)

ジャッジデクレアドゴールは、競技開始前に競技委員会が特定のゴールを発表し、競技気球はスタート合図後に、このゴールを目指して飛んで行きます。ゴールの最も近くへマーカーを落とした者が1位というゲームです。

パイロットデクレアドゴール(PDG)

これは、競技者(パイロット)が離陸前に自らゴールを宣言して、自分の宣言したゴールに近づいてマーカーを投下するもので、風向、風速、また地図の読みが出来ないと、後は運を天にまかせるしかなくなるシビアなゲームです。

ミニマム・ディスタンス(MDT)

この競技では、気球は一定時間(例えば30分)飛行後、マーカーを投下します。マーカーの投下地点と離陸地点(ランチサイト)の距離が最小のパイロットが1位です。いかに空中で動かずにいるか、もしくはどうやって着陸地点に戻ってくるかが見所です。

フライオン(FON)

この競技は必ず他のタスクと組み合わせて行なわれます。まず、他のタスクマーカーを投下します。この時、次に自分がどこを目指すかをマーカーに記入して宣言します。パイロットデクレアドゴールに似たところがあります。

ヘジテーション・ワルツ(HWZ)

ジャッジ・デクレアド・ゴールとよく似ていますが、ターゲットが複数設定されるのが大きな違いです。選手はそのうちの1つを選んで飛行し、マーカーを投下します。

フライ・イン(FIN)

競技本部がゴールを一ヶ所定めます。通常、このゴール(ターゲット)は大会会場に設定されます。競技者は一定距離(例えば5km)以上離れたところから離陸してターゲットを目指します。一定距離以上離れていれば、どの方向からも自由に飛んでくることができます。

バルーン用語

アプローチ

地上のターゲット(ゴール)に接近すること。

アンカー (anchor)

気球をロープで地上に固定する場合の係留ロープの固定点、車両や立ち木等を利用する場合が多い。

インフレーション (inflation)

気球に空気を入れ膨張させ、バーナーで熱気を焚きこみ、気球を立ち上げること。その作業全体を指します。普通は略して「インフレ」といいます。

インフレーター (inflator)

インフレ時に球皮内に空気を送り込む送風機のこと。エンジン付きの大型扇風機。

オブザーバー (observer)

競技監視員。熱気球競技のとき各参加チームに1名が同行し、違反・不正・危険なく競技が行われるのを監視する。チームの競技結果を計測し、競技終了後に競技委員会に競技結果を報告する役員。

クルー (crew)

気球を飛行させるためのスタッフ。インフレーションやデフレーションなどの作業のみならず、飛行中のパイロットへの無線による情報提供や誘導など行う。競技においてはクルーの働きが競技結果を大きく左右する。

シグナル

ローンサイトに掲示される旗(フラッグ)のこと。色によって以下のような意味を持つ。
赤=離陸禁止。これ以前の離陸の許可は全てキャンセル。
緑=全気球に対する熱気によるインフレーション開始の許可。
青=青分類(奇数番号)の気球に対する熱気によるインフレーション開始の許可。
白=白分類(偶数番号)の気球に対する熱気によるインフレーション開始の許可。
黄=インフレーション開始5分前の警告。
ピンク=補足・修正ブリーフィング開催。
黒=タスクキャンセル。
紫=(予備)タスクブリーフィングにおいて必要に応じ定義

ターゲット

ゴール付近やローンチサイト内に大会主催者によって設置される目標地点。通常10mの×点によって表示される。パイロットはターゲットをめがけてマーカーを投下し、ターゲットの中心からマーカー落下地点までの距離の偏差によって獲得ポイントが計算される。

タスク

競技種目

チェイスカー (chase car)

追跡車両。フライト気球を回収する車。運搬を兼ねるため、積載容積の大きいバンや、小型トラック、ピックアップなどが使用される。バンは屋根があるために便利だが高さに制限があるために、バーナーとバスケットを分解して積まなければならない。その点トラックはバーナー、バスケットを組んだまま載せられるが、乗車定員が限られる短所がある。

デフレーション

インフレーションの逆。球皮内の空気を抜く行為。

パイロットバルーン (pilot balloon)

離陸前に風向、風速を測定するために上げる観測用風船.。ヘリウムガスを詰めます。通常は略して「パイバル」といいます。

ブリーフィング(briefing)

フライト前の打ち合わせ。競技の場合は、競技委員長が競技内容をパイロットに説明することを指します。(タスク・ブリーフィング)

マーカー (marker)

熱気球の競技のときに使う重り (70g)の付いた袋で幅10cm、長さ180cmのナイロン布がついている。競技者は目的地に向かって投下し、ゴール(ターゲット)との距離の計測に使用する。

出典:佐賀バルーンフェスタ組織委員会

ページトップ

〒810-0022 福岡市中央区薬院1-14-5 MG薬院ビル4F TEL 092-736-7711 FAX 092-736-7714
Copyright © MEIJI SANGYO Co.,Ltd. All Rights Reserved.

ページトップ